<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=818135068237784&ev=PageView&noscript=1" />

Column
鞄は仕事用でも遊びでも使えるデイリーユースのバックを

鞄は仕事用でも遊びでも使えるデイリーユースのバックを

仕事用の鞄に必要なこと


仕事用の鞄は、働く男性、女性にとって欠かせない重要なアイテムです。特に、働く女性にとってお気に入りのバックを持つことは1日のモチベーションを上げることにつながります。仕事用の鞄は、何を入れるのか、どのような場所で使うのか、どんな服装で仕事をするのかなどを考えながら選びます。
ビシネスシーンで使われるバックは仕事道具の一つですから、最低限のビジネスマナーを守る必要があります。汚れたバックを持っていたり、中味が整理されていなかったりすると、仕事ができないと判断されてしまいます。まず、清潔感があり仕事道具が全て収まる容量の鞄が必要です。最近ではノートパソコンを持ち歩く方も増えており、A4サイズのものが入るものが人気を集めています。さらに、中に入っている書類やカタログなどが破れたり、汚れたりしないことも大切なことです。バックに入れた荷物の保全や保管がしっかりできるものを選ぶことです。
また、バックを床に置いたときに転倒せずに立ったまま自立できることも大事です。仕事をしているとバックの置き場所に困ることがありますが、床置きできる頑丈さと構造が必要です。そのためにはバックの底面だけでなく、側面や角の部分、もち手とバックの結合部分などの強さが求められます。素材が革であれば重いものでも耐えることはできますが、結合部分が弱い素材の場合、その部分が壊れてしまいます。頑丈さが確認できれば、後は収納性です。ポケットや仕切りがあり、収納する物の大きさや種類によってきちんと収納できるものが良いです。ポケットが豊富なバックは、サイズの小さなものを整理して収納できる便利さがあります。
そして、仕事用のバックとして大切なことは、仕事にどれだけおしゃれを取り入れることができるかということです。ビジネスシーンでは見た目の印象も大切なので、機能的でありながらおしゃれなバックを選びたいところです。女性であれば仕事であっても、上品でおしゃれバックを持ちたいと考える方も多いでしょう。

今、人気のデイリーユースの鞄


最近、海外で人気を集めている鞄が日本のランドセルです。日本人にとってランドセルは小学生の持つ鞄ですが、海外ではランドセルの持つ機能美をそのままに、大人の背中にも無理なくフィットする2WAYバックとして人気を集めています。ビシネスからプライベートまで幅広いシーンで活躍している仕事用の鞄です。
これまでは、ビシネスでもプライベートでも使いこなせるバックの定番といえばトートバックでした。トートバックの魅力は、見た目はすっきりしていますし、大型のノートパソコンもはいるほどの収納力にあります。最近の傾向は、電車や飛行機の中、カフェや公園など、いろいろな場所にでも使えるように、ショルダーやリュックとしてもつかえるバックが人気です。仕事だけのためにバックを購入するのはもったいないと考える方が多く、できればプライベートでも使いまわしの効くデイリーユースのバックが人気を集めています。
デイリーユースのバックは、ハードな仕事にも使える実用性に優れたバックでありなから、仕事後のデートにも使えるおしゃれたなバックもあります。また、仕事帰りの女子会にも持っていけるようなバックもあり、オンオフで使いまわしの効くおしゃれなバックが数多く販売されています。
仕事用と遊び用というように使い分けて買い続けていると、すぐにクローゼットはバックで溢れてしまいます。鞄は仕事用でも遊びでも使えるデイリーユースのバックを選ぶことが今のトレンドです。また、最近販売されているデイリーユースのバックは、女性と男性の両方で使えるデザインのものもあります。ノートパソコン、雑誌、手帳、財布、メイクポーチなど、仕事道具も私物も十分に収まるバックです。

革の鞄でおしゃれにオンオフ


鞄の素材にはナイロン素材やエナメルなど、さまざまなものが使われていますが、色も豊富でおしゃれを楽しめるのは革の素材です。革はずっと長い間、世界中の人々に愛され続けている素材の一つです。牛や豚、馬、鹿、ワニ、ヘビなどの動物の皮が使われ、知れば知るほど、使えば使うほど奥深さを感じるのが革の魅力になっています。革は丈夫で燃えにくいのでバイクのレーサースーツにも使われていますが、適度な弾力性があるのでさまざまな形に加工されて使われています。また、吸湿性や保温性にも優れ、使えば使うほど手に馴染み味わいが増してくる特徴があります。
また、フォーマルな革製品は黒や紺、茶色などが主流ですが、同じ色でも光沢や仕上げ方法を変えることで、多彩な色合いを揃えることができます。革のバックで人気の定番はキャメルですが、落ち着いた感じのワインレッドも大人の女性を演出するのにおすすめの色です。また、オレンジ寄りのレンガ色は、風合いと品格を感じさせる色として、ビシネスの場で人気の色になっています。このように革の鞄は、使うほどに使いやすくなり、味わい深い色が品格を感じさせてくれます。
革のバックを手にしたときに注意しなればならないのはカビです。高温、多湿、汚れの3つがカビ発生の原因になりますが、バックを使った後は乾燥した日陰に保管することです。しばらく使わないときは布袋や紙袋などの通気性の良いものに入れてしまっておきます。水に濡れた場合は乾いたタオルで水分を拭き取ってから乾燥させる、頑固な汚れは革専用のサドルソープできれいに落とす、色落ちしたらクリーニングに出すなど、状態が軽いうちにお手入れすることが大切です。
革を素材とした仕事用にも遊びにも使えるバックは、オンラインショップや店頭でも気軽にオーダーすることができます。革の種類はもちろんのこと、金具やステッチに至る細部まで、多彩な組み合わせの中からお気に入りの革のバックを手に入れることができます。メーカーのスタッフが丁寧に対応してくれるので、革の鞄でおしゃれにオンオフを楽しみたいとお考えの方は、一度、専門店に相談してみましょう。