<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=818135068237784&ev=PageView&noscript=1" />

Column
革製品の購入や色の選び方について

革製品の購入や色の選び方について




革製品の色は風水など運勢で選ぶ方法もある



革製品は男性からも女性からも人気が高く愛用しているという方も多いと思いますが、中には買い替えやこれから自分のために革製品の購入を検討している方もいるでしょう。購入の際には選び方が重要です。選ぶときには様々な方法がありますが、その中でも色を風水的に見て選ぶ方法はいかがでしょうか。実際に風水と色は関係があると言われているので、ここでは風水などを考えた革製品の色の選び方について紹介します。

まず一つ目はイエローを選ぶ場合ですが、イエローは財をもたらしてくれるとされている色です。しかし、イエローと言っても明るいイエローのものは財をもたらす力に加え、出ていく力もアップすると言われているので、イエローと言っても落ち着きのある黄土色を選ぶといいと言われています。そして二つ目はピンクですが、これは女性が選ぶことが多いカラーです。風水的には特に恋愛と幸福をもたらしてくれます。ピンクは心理学的にも癒やしの力があるのでストレスなどを緩和してくれる可能性もあります。様々な面で魅力的な色です。

続いて三つ目はブラックです。男性はブラックを選ぶことも多いですが、これは風水的にはお金がたまるとされている色です。ブラックにはお金を貯め、閉じ込める力があるのでコツコツとお金を貯めていきたいと思っている人にオススメです。ここでは革製品の色の選び方について紹介しましたが、特に風水などに興味があるという方はこのように風水的にどうなのかなどをチェックしながら選んでみてはいかがでしょうか。特にカラーは運勢を変えてくれると言われている大切なものなので、革製品などを選ぶときには細かくチェックして納得したものを購入できるようにしましょう。



革製品で人気の高いかばんの選び方



革製品と言っても財布やかばんなど様々な種類が上げられますが、その中でもかばんの購入で迷っている方もいるのではないでしょうか。実際にかばんはいろいろな用途で使用することができるので便利なアイテムです。これから購入を考えている方のために失敗しない選び方のコツについてお話します。

まず一つ目に重視したいポイントは収納力です。これは普段何を入れるかによっても変わります。例えば小物などを少量しか入れないのならそれほど大きなサイズのかばんは必要ありません。しかし、とにかく収納スペースがあればいいと言って収納力の高いものを選んでしまうと次は持ち運びが不便になってしまいます。何を入れるかによってどのくらいの収納スペースがあるかばんを選ぶべきか決めることが大切です。

続いて二つ目に重視したいポイントは形です。かばんと言ってもショルダーバッグ、トートバッグなど種類もたくさん存在しています。例えば荷物がそれほど多くないという場合にはトートバッグでも疲れませんが、荷物が多く重量もあるという場合にトートバッグを選んでしまうと腕へかかる負担が大きくなります。これも収納する物によって異なりますが、できる限り負担の少ないものを選ぶようにするといいでしょう。

そして三つ目に重要なポイントはデザインです。かばんはそれぞれデザイン性が異なります。選ぶときにはどんなシーンで使うのかを想像しましょう。例えばビジネスシーンで使用するならできる限り柄物ではなく、シンプルなかばんを選んだ方が色も合わせやすいですし、スーツなどにも合わせやすいので無難です。逆にプライベートとして使うなら思い切ってデザイン性の高いものを選ぶのもアリでしょう。このように、ここでは革製品の中でもかばんを選ぶときに重視したいことについて話しましたが、特に重要なことについて説明をしたので、失敗しないためにも参考にするのがいいでしょう。



天然皮革製品の手入れ方法について



革製品と言っても様々な種類が存在していますが、特に天然皮革製品の場合は手入れにこだわらなければなりません。あまり手入れをしなくても簡単に劣化することはありませんが、手入れをすることで一生ものとして何十年も使用できる可能性が高いので、できる限り定期的な手入れが勧められています。では具体的に天然皮はどのような手入れをするといいのか説明します。まず注意しておきたいのが水分に弱いということです。水分が付着したままだと染みや水ぶくれの原因になります。万が一雨などでぬれてしまった場合は柔らかい素材の布で軽くたたくように拭きましょう。

ぬれていない場合の手入れとしては、専用のクリーナーとクリームを使用します。クリーナーは使用後に毎回行うことできれいな状態を保つことができるので使用したら毎日のように行いたい手入れです。クリームは保湿をする意味でも重要なアイテムです。特に乾燥しがちなシーズンでは革製品も乾燥しやすくなり、ひび割れを引き起こす可能性もあるのでクリームを塗ることが重要です。それ以外のシーズンでも1か月から2か月に1回は専用のクリームで手入れをすることが大切です。