<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=818135068237784&ev=PageView&noscript=1" />

Column
女性の年代別で考えるお財布選び

女性の年代別で考えるお財布選び



若い年代の時のお財布は



日常から身につけているものは、その年代によって合っているものがあるでしょう。女性のファッションということから考えても、年代によってお財布を選ぶことは、まとまりをつけてくれます。ファッション全体から考えて、取り出したお財布がアンバランスなものになってしまうと、かなり違和感を覚えてしまいます。ファッションのアクセントにもなってくる部分ですから、うまくマッチするものを選んでいくことが必要になってくるでしょう。

20歳前後の時には、若々しさがはっきりと出てくるようなものを選ぶとマッチします。シックなデザインよりも、カラフルなものや色合いがはっきりと出るようなデザインにするといいでしょう。柄物でもいいですし、バイカラーでも納まります。高級な革製品は浮いてしまうことになるため、キルトなどでもいいでしょう。色もピンクなど華やかなものにすると、若々しさを前面に出すことができます。リボンのモチーフが大きくついているようなものもいいでしょう。高校生や大学生になってくると、収入も少し増えてくる人もいます。この時期になれば、子供っぽさが出てくるようなものよりも、少し背伸びできるようなものが似合うようになるでしょう。革製品も似あうようになってきますが、カラフルなものやデザインが先行するようなものでも違和感は出ません。年代的に、上の年代に合わせてみても面白くなりますし、逆もできるような選択肢の広さがあります。

しかし、あまりに暗い色はイメージ的に合いにくくなる場合がありますが、黒は使い方次第というところになるでしょう。長財布といったこと以外でも、コンパクトにまとめられるデザインも合います。大学に進学する頃になると、もっと大人びたものもいいでしょう。年代的には、まだまだ若さが目立ちますが、さまざまなファッションも試すころになるため、カラフルなものも似合います。昨日よりもデザイン性を求める年代でもありますので、ちょっと変わったデザインのものを持ってみるのもいいでしょう。



自分の収入で購入できるようになったら



社会人となり、自分でお財布も購入できるようになってくると、選択もかなり変わってきます。女性らしいデザインを選んでみることもできますが、あまり派手なものは避けた方が良いでしょう。使い勝手に優れたものを選ぶ方が、何かと忙しい年代にはぴったりです。小銭の出し入れも多くなったりすることから、がま口タイプにするというのもいいでしょう。バッグの中から取り出してすぐに使えるようなデザインは、使い勝手にも優れます。

社会人にも慣れてくるようになると、一人前の女性としてカード類も持つようになるでしょう。バッグもしっかりと手にするようになって、余裕も出てくるころです。可愛さよりも実用性を考えて選び始めることが必要になってきます。それも、カードもおさまりが良く、小銭の出し入れも簡単なものといったように、機能性を重視するのもひとつです。仕事の内容によっては、かなり華やかなものを選んでみるのもいいでしょう。

革製のラウンドジッパーなどを使っても、年代的に違和感を感じなくなっていくころです。大人の雰囲気を醸し出すことができるようになりますし、領収書なども折らずにそのまま入れることができるようになってきます。所持金の量も把握しやすくなるというのもメリットになってくるでしょう。カードもいっぺんに見ることができるようになり、把握もしやすくなります。金銭感覚的にもしっかりと身につくようになるころですので、日常的な使い方を考えてもぴったりになってくるでしょう。ただし、あまり大きなバッグを持って歩かないという人には、コンパクトさには欠ける部分があるため、入るかどうかも考えて選ぶ必要があります。



長く使える素材を選んでいくこと



30歳にも近づいてくると、お財布も実用性を重視することも増えてきます。札入れと小銭入れを分けてコンパクトにするという人も出てきますし、逆にひとつに収めて手軽に使うことができるようにするというのも方法です。カラフルな素材を使ってみるのも一つですが、黒や茶の革素材も似合うでしょう。少し重めの素材でも、バッグを使うことが多くなればあまり気にならないでしょう。

人に見られることも多くなる年代ですので、シックにまとめることができるようにするのもいいでしょう。いろいろな服装でも使うことができるようにするというのもポイントになってきます。40歳以降になると、しっかりとしたものが良いでしょう。汎用的に使えるカラーを選ぶことも大切ですが、お金を収めるということを重視して機能的なものを選ぶと間違いがありません。

大きなお金を入れることも出てきますが、普段は抑えているというのであれば、二つ折りにしたりすると、荷物も少なくなり負担も減ります。あえて小銭入れを分けてしまえば、必要な時に分けて持ち出すこともできるでしょう。ファッション的なこともありますが、長く使えるような優れた素材を見つけることも大切です。