<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=818135068237784&ev=PageView&noscript=1" />

Column
女性におすすめの財布とその理由

女性におすすめの財布とその理由


財布にまつわる言い伝えや運気



財布はお金を入れる物であり、金運に直結するとも言われています。ボロボロのくたびれた物を使っている人は金運がいいようには見えないはずです。風水でもきちんとした財布、すっきりと片づけられた財布は金運を強くすると言われています。そんな財布の寿命は約3年と言われていますが、革素材に限ってはこれに当てはまりません。革が持つ特性の一つに丈夫さがあるので、長持ちしやすく、3年でボロボロになるには早いと言えます。5年・10年と長く使えるものであり、手入れをきちんとすれば一生ものになることもあり、おすすめです。

特に、希少価値の高いコードバンレザーで作られた物は一生ものになりえる可能性が高いです。革とは言っても女性が使いやすいように明るい色合いの物も多くあるので、初めての方でも取り入れやすいです。デザインの面でも男性向けはかっちりしたデザインが多いのですが、女性向けはオシャレなデザインも多くあります。

また、財布を綺麗にしている人は、しっかりとしたイメージを持たれるのではないでしょうか。逆にボロボロの財布を持っていると悪いイメージを持たれやすくなってしまいます。実際はそうではないとしても、持ち物が他人に与える印象はそれだけ強いのです。

財布はすべての運気を司るとも言われています。金運だけではなく、恋愛運もアップしたい人は財布を大切に扱ってみるといいでしょう。新品の財布に5円玉を入れて持ち歩くとお金に困らなくなるという言い伝えがあるように、財布については様々な言い伝えがあります。



大人の女性に似合う財布を探す



私物は時としてその人を表します。日常的に使う物だからこそ、年齢相応の物を持っているとそれだけでスマートに見えるのではないでしょうか。例えば子供が持つような財布を持っていると、やはり周囲から見れば不相応で違和感が見てとれます。本人の好みもありますが、やはり年齢に見合う物は大人としての品格持たせてくれます。

女性用の物であれば、様々なハイブランドが実に多種多様な財布を展開しています。デザインも定番のものだけではなく、オシャレなもの、個性的なデザインのものと多く存在します。ブランドやメーカーによってデザインや質感、素材までこだわりぬかれた物が多くあり、時にはどれにすれば良いか決めかねてしまうこともあるかもしれません。

中でも革で作られた財布は大人の女性が持つアイテムの一つとしておすすめしたいものです。昔のように、革製品は男性というイメージはほとんどなくなっています。革製品は様々な年代に合うよう、デザインにも工夫が凝らされています。そういったデザイナー側の考慮で、女性も革製品を持ちやすくなったのです。

また、大人のイメージの一つとして、革と答える人も多いようです。そのため、革財布を愛用している女性も多くいます。革は大人っぽさだけではなく丈夫さも兼ね備えてあり、昔から革は豊かさの象徴として扱われてきたことから縁起物と捉えることもあります。

特に、黒の革財布は黄色や金よりも重宝されてきました。黒という色自体が安定という意味合いを持っているので、お金を入れる物を黒にすることでお金が出ていかず、安定すると言われています。逆に赤色はお金が出ていきやすくなるという意味を持っています。



女性にも人気の革財布



近年は、多くの女性が革で出来た製品を使っています。革製品が持つ魅力は、性別関係なく多くの人をも惹きつけています。

ネットなどを見るとバッグや靴などよりも、日常的に使える財布を購入する人が多いようです。財布は使用頻度が高いため、革製品も比較的早くくたびれる傾向にあります。しかし、革製品は新品の時よりもくたびれかけた時からが本番です。革製品本来の味わいが出て、より深みを増す重質感は革ならではの醍醐味でしょう。

革製品は味が出始めてからが、一番持ち主を楽しませてくれる物です。ですが、難点も存在します。その難点とは、革製品はどうしても値段が高くなりがちということです。高級な素材を使用しているのですから、値段が高くなるのは当然です。一方でその金額が革製品に慣れていない人に敷居を高く感じさせているのも事実です。また、革製品では他の素材と比較し、多少なりとお手入れが必要という点が挙げられます。

しかし良い物を1つ買うだけで長く使えるというのはお得に感じられ、愛着心も湧きやすく、その物と長くいることで思い出が出来る、というメリットがあります。そういった点を考えると、デメリットよりもメリットの方が大きく感じらるのではないでしょうか。流行にのって新商品を買うのも良いのですが、同じ物を長く使うこともおすすめです。先述の通り、革製品は長く使うからこそ味わいや光沢感が増します。それは新商品では得ることの出来ないものであり、そして革製品にしか出せない味わいです。その味わいに見せられて、私物の多くを革製品に変える人もいるほど魅力的な物です。