<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=818135068237784&ev=PageView&noscript=1" />

Column
女性が使いやすい革の名刺入れを知ろう

女性が使いやすい革の名刺入れを知ろう


革の種類



革製品は、長く使っていると独特の味わいがでてきます。これは経年変化と呼ばれるもので、最初に購入したときから色合いや風合いが変化していくことを指します。少し色あせてあか抜けた感じになったり、手で触る所が他のところより黒くなったりしていき少しずつ変化していきます。長く使わないとこういう変化は出てこないので、高級な革製品を長く大切に利用している人も多いです。毎日使う財布や名刺入れは、長持ちする良質な素材のもの、また使うのが楽しく自分のこだわりのあるものを使っていきたいものです。一言で革といっても、種類によって様々な質感があります。ゴツゴツとした手触り、硬めの革素材は男性に人気がありますが、女性には敬遠されがちです。そこで、女性でも扱いやすい革の種類を紹介します。

牛革は一般的で一番なじみのある革でしょう。表面がきめ細かで、硬すぎずまた柔らかすぎないので扱いやすいです。ベルト、財布や名刺入れに加工しやすいという特長があります。流通している量も種類も豊富なので、価格も様々で選びやすく、好みの製品が見つかりやすいという利点もあります。豊富な素材のため革加工製品が多いというのも、選択の幅が広がる理由です。その一つが「型押し」という加工方法です。これは牛側の上から型押しをして模様をつける技術です。文様の種類は多種多様でさらに選択肢が広がっていきます。革といえばやはり気になるのが傷です。一回ついてしまった傷はとれませんし、傷がついた箇所から色落ちしていくのではないか、という不安もあります。なるべく耐久性をつけるために型押しなどの加工をしていきます。また牛革に金箔などを貼り付けるという加工方法もあります。革の高級感とゴールドの高級感が相互に影響しあって、上品なイメージとなります。

クロコダイルは高級な素材で表面はやや硬めです。腹部や背中部の鱗のカタチが特徴的で、長方形のウロコが整っていて光沢のあるものが好まれます。模様はどの製品も少しずつ異なっているので、自分にピッタリのものが見つかると長く愛用することができるでしょう。



女性の名刺入れのポイント



オフィスで毎日使う名刺入れも、ステキな革製品が多くあります。社会人にとって名刺入れもやはり、自分のセンスが出やすいアイテムの一つです。ここでは女性にオススメの名刺入れについて紹介します。

まずは収納です。営業の方ならば、一日何枚もの名刺を頂いたり、渡したりすることが多いです。予期しないイベントなどがあり、大量に名刺交換をする日もあることでしょう。ある程度の収納ができ、自分の名刺もストックできるものが人気です。薄い名刺入れは見た目にはスタイリッシュでかっこいいイメージがありますが、機能面で若干の不安があります。しかし、名刺入れはポケットに収まる必要はなく、カバンなどに機能的に収まっていればよいので、自分が相手に渡す用の必要な枚数だけ入れるようにするのも良いでしょう。

また頂いた名刺と自分の名刺を区別するために、内側に仕切りがある名刺入れが増えています。仕切りが一つあるかないかで利便さが全く違ってきます。購入の際は、内側のチェックもしておくと安心です。

女性にとってはカラーも重要なポイントになります。自分のイメージにあった、上品なイメージの名刺入れだと毎日の仕事も楽しくなります。牛革の染色加工は革を様々な色に染め上げてくれます。ダークな色からクリーム色、ピンクといった華やかな色まで様々な種類がありますので好みの色が見つかりやすいです。革製品は光沢の違いなどから写真で見る色と実際の色がことなることもあります。実際に見て、手に取って確かめると色合いや手触りの確認ができます。



革の手入れ



最後に、革製品の手入れについてです。財布、名刺入れともに毎日使い、手に触れるものですから、長くキレイに使っていきたいものです。製品を選ぶとき濃い目の色の製品を選ぶと、革の高級感がより引き立っていきます。汚れが目立ちにくいのでこういった革製品を選ぶ方も多いです。女性なら少し明るい色のものを使いたい、という人もいます。

革の特長として水分に弱いので、水気のない布で乾拭きすると長持ちします。また数か月に1回程度、革専用のワックスなどを塗り込むと革の光沢が増していきます。長く使うために、あまり神経質になる必要はありませんが、水で濡れた手で触らないほうが良いです。

汚れがついてしまったら、汚れの種類にもよりますが一度消しゴムを使ってみることをオススメします。手垢などは消しゴムできれいになることがよくあります。革は摩擦などにも弱いためあまり強くこすらないように、表面の傷に気を付けておくと長持ちします。

購入したときと比べて、深みがましていくのが革の特長です。なるべく手に触れて使ってあげることによって世界で一つだけの、自分のオリジナルなアイテムになっていきます。