<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=818135068237784&ev=PageView&noscript=1" />

Column
どんな色を選びますか?レディース財布の選び方

どんな色を選びますか?レディース財布の選び方



レディース財布の色選び



お洒落を考えた時、洋服やヘアメイクなどに力を入れる方が多いですが、実は小物類も大きなポイントの一つです。靴やバッグ、時計、アクセサリー、そしてお財布、こういったものを見た時に、瞬時にその持ち主の性格や好みが伝わってくることも少なくありません。センスが良い方は、もちろんこれらの選び方もとても上手です。

レディース財布はたくさんあります。人それぞれ好みが異なりますので、自分が使いやすく良いと思うものを選ぶと良いのですが、せっかくなら色もこだわりを持って選んでみてはいかがでしょうか。色が持つエネルギーは想像以上に感じられるもので、時に元気をもたらしてくれることさえあるものです。もちろん、好きな色や、いわゆるラッキーカラーを選ぶというのもオススメです。本当に好きなものを使うことができれば、何気ない日常もきっともっとハッピーなものになってくれるはずです。

また、年齢が比較的若い方はどのようなタイプのものを選んでも良いかもしれませんが、30代、40代、50代と年齢がアップしてくると、上質なものを持つ方も多くなるでしょう。特にレザー素材のものは人気があります。レザーは、使い続けているうちに手に馴染んできて風合いが良くなりますし、使いやすくなると言った特徴がありますので、長く使い続けることができます。

形は二つ折りタイプと長財布タイプがありますが、どちらもメリットがありますので、使いやすい方を選ぶことが大切です。二つ折りタイプの良いところはコンパクトなので、持ち運びがしやすくカバンやポケットなどにも入れやすいことです。また長財布のメリットは、お金を出し入れしやすいところと、財布が傷みにくいことが挙げられます。使い方にあわせて適切なタイプを選ぶとよいでしょう。



無難な色を選ぼう



レディースの財布はカラフルなものから、落ち着いたカラーやブラック、ブラウンなどシックなものまで様々あります。無難な色は、やはりブラックやブラウンなどで、実際にこういったカラーを選ぶ方はたくさんいらっしゃいます。年齢問わず、ブラックやブラウンを選ぶ方は少なくありません。これらのカラーの良いところは、冠婚葬祭の際にも安心して使うことができますし、洋服やファッションなど関係なく使うことができるところです。また、こういったカラーを選んでいる女性もまた、落ち着いた印象を与えることができます。落ち着いた女性を目指している方は、あえてシックなカラーを選んでみるのもオススメです。

また、もし女性にプレゼントしたいとお考えの方で、どのような色にしたらよいか迷っている方は、ブラックやブラウン系を選んでみるのもオススメです。ネイビーなども素敵です。或いは、あらかじめ好きなカラーを確認しておいてから判断するのも良いでしょう。それから、10代20代の女性へのプレゼントでしたら、可愛らしいピンクやみずいろ、オレンジなどもオススメです。デザインはもちろん、カラーもこだわりたいので、若々しく爽やかで可愛いものを選んであげたいものです。

同じデザインの財布であっても、カラーが違うだけで全く違う雰囲気になるものです。これもまた、小物類を選ぶ楽しみの一つです。好きなカラー、あるいは似合うカラーを選んで、より自分の魅力をアピールしていきましょう。



運気を上げるレディース財布の色とは?



財布を新しくする時は、春になるまで待ってから購入すると良い、と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。その理由は、春と張るの呼び方が同じだからです。つまり、春に購入すれば、お財布が張るといった意味があるのです。

色に関してですが、金運を上げたいと思っている方は、イエローやゴールドなどを選ぶのもオススメです。これらのカラーには、金運を上げてくれるといった意味もあると言われています。また、恋愛運を上げたい方や婚活中の方、恋人募集中の方などは、ピンクを選んでみるのも良いでしょう。

また、これまでの人生を全部リセットして、新しく再スタートしたいとお考えの方は、ホワイトを選んでみてはいかがでしょうか。新しく何かを始める方や、何かに別れを告げて一から始めたい方などは、思い切ってお財布をホワイトにして、気持ちを切り替えて進んでいくのもオススメです。

同じカラーであっても、微妙な色の違いがあるものです。落ち着いたカラーから、自己主張の強いカラーまで様々あります。風水などを参考に選ぶ場合、明るいカラーを聞いて自分には似合わないとすぐに諦めてしまうことはありません。同じカラーの中でも、使いやすい色味のものやデザインによっては無難なカラーに感じられるものなど色々ありますので、じっくりと選んでみてください。ただし、選ぶ際の一番のポイントはやはり使いやすいかどうかですから、そのあたりのことも良く考えてから判断するようにしたいものです。毎日使うものですから、使いにくいものを選んでしまうと想像以上にストレスになってしまいますので注意しましょう。